外壁サイディングのリフォーム会社|リノベーション気になる費用と相場

住宅のリフォームは難しい

40年前に購入した一軒家で、最初にリフォームしたのは、その頃定番だった応接間を和室の居間にすることでした。
当時は少し大きな一軒家では、玄関脇の部屋は応接間になっていたものです。

 

銀行や仕事の人が訪問するような家庭なら必要でしょうが、母親が一人娘の結婚に同居する形で建売住宅を購入したのですから、全く使用チャンスが少ない訳です。
時々訪問する友人や親族をもてなす際に使用するくらいで、使い勝手は悪かったですね。

 

 

和室にリフォームするためには、サッシの窓と障子を二重にし、小さな庭を潰して縁側を設けて雪見障子に変えました。
畳敷きにしましたが、7畳という半端なサイズだったので、隣室との境に桧の板の間を設けることにしましたが段差ができてしまいました。
問題だったのは暖炉です。

 

 

平たい石を貼り付けた大きな暖炉で、出ている部分は取り除きましたが、その一角の壁全体が石張りだったのです。
石を全体に使用することで有名だった建設会社で、母も最初は暖炉に満足だったようですが、庶民感覚ではいつしか邪魔者になってしまいます。
この石壁全体を和風の壁紙で覆ったのですが、画や額を飾る際に釘が打てません。

 

 

特別のコンクリートや石に打てる釘探しをハンズなどでして、やっと3箇所絵を飾れるように成りました。
古い構造ですから、家族団らんの際には、台所が離れているので食事の用意が面倒臭いのです。

 

応接間に接続する台所は少ないでしょうが、アパートやマンションのようなダイニングキッチンが生活には望ましいですね。
一階は応接間と居間、台所と風呂場とトイレで、母の住まいにしていました。

 

 

二階は八畳の和室と、六畳の洋間の寝室、三畳の納戸とトイレでしたが、一階は隣の家が迫っていて暗くて冬は寒いのです。
一番明るい応接間を居間に変更しても、日中は電灯が必要なので、母は二階の三畳にベッドを置いて私室にする始末でした。

 

孫が生まれて成長してからは、全体的にリフォームして、二階は母と孫娘の居室に模様替えし、一階に私達夫婦が住むことに成りました。
この際のリフォームは建設業社(一応大手でしたが)の選択を誤り、下請け業者が非常にずさんであちこち気になる問題が続出。

 

 

以前の一階のリフォームは、母と同郷の棟梁にお願いしたので、しっかりきっちり仕事をしてくれましたから、いまだに問題はありません。
リフォームを頼む会社は、しっかり選ぶ必要があります。
ちなみに母の頼んだ棟梁は、息子が出来が悪いと言って仕事を継がせなかったので、頼めなかったという事情がありました。